花のある暮らし ~Fairy's Garden~

日々の暮らしに花と癒しを。フラワーアレンジがちょっと面白くなるブログです。月に1~2回、不定期更新します

お正月飾り、いつ飾る?正しい飾り方と処分の方法

 

『花のある暮らし』へようこそ。
ブログにご訪問頂きありがとうございます。

\自分好みは自分で作れる/
気持ちに寄り添って、お花選びから心を込めて
花を贈ることは、想いを贈ること
思い描いたイメージを形にできる花教室Fairy'sGardenです。

 

 

12月もあっという間に3分の2が過ぎようとしています。
12月と言えば、クリスマスですがもう一つ忘れてはいけないのがお正月の準備です。

しめ縄飾りを始めとしたお正月飾り、飾るのに最適な日があるってご存じですか?
その年の歳神様をお迎えする大切なお飾り、正しく飾りたいですね。
いつ、どうやって飾るのか?正しい方法をご紹介致します。

 

 

お正月飾り、いつ飾る?

f:id:fairysgarden:20211208213622j:plain

しめ縄飾りは、歳神さまをお迎えする目印と共に、厄除け、結界の意味もあるそうです。
「ここから先は清浄な場所なので、ここから入ってきてくださいね」という意味で、玄関のドアや門に飾ります。
通常、「松の内」と呼ばれる12月13日以降のお日柄のいい日に飾り付けをします。
一般的には、クリスマスが終わってから飾るお宅が多いかと思いますが、実はもっと早くから飾っていいんです!

そして、八の漢字は末広がり、28日に飾るのが縁起がいいとされています。

また、12月31日になって飾り始めるのは、「一夜飾り」と呼ばれ宜しくなく、29日も縁起が悪いとされています。

 

気に入ったお正月飾りは、毎年飾っていいの?

fairys-garden.stores.jp



教室のお客様や生徒様の中では、干支に関連するピック等は人気がありません。
なんでだろう?と思ってお尋ねすると、
「これ付けちゃうと、来年飾れませんよね?」
なるほどです。

最初に戻りますが、気に入ったお正月飾りを毎年飾っていいの?
答えはNOです。
お正月飾りの使いまわしは避けた方が良いです。

神様は清浄を第一とします。
お札やお守りを一年に一度新しいものにするのと同じ考え方ですね。

使いまわしは歳神様へ失礼に当たると考えられるので、新しいもので気持ちよく神様にきていただき、良い一年をお迎えします。

そんな中、近年の華やかなお正月アレンジやしめ縄飾りを、神様の為のお飾りとしてではなく、お気に入りのインテリアアイテムとして、フラワーアレンジの一つと割り切って毎年飾る方も増えてきているそうです。

とはいえ、やっぱり本来のお正月飾りの意味の則って飾りたいという方の為に
Fairy'sGardenのお正月飾りは、2Way・3Wayで一年中飾れるしめ縄飾りをご提案しています。

 

 

いつまで飾る?東西で異なる松の内

f:id:fairysgarden:20211208220257j:plain

お正月飾りを、飾る期間。
松の内」の終わる1月15日まで飾るのが正式です。
しかし関東では1月7日の朝に外すのが一般的になっています。なぜ、松の内の期間に違いがあるか?
本来15日までが松の内でした。
徳川家光の月命日である20日を避けるために関東では松の内を15日から7日に変えて、日本国内に広まったんだそうです。
地域によって違いがありますが、全国的に7日までが松の内という土地が多いそうです。
鏡餅を除く』お正月飾りは明日7日の朝に外しましょう。
関西などの地域は15日まで飾ります。
ちなみに、私の実家のある三重県松阪市松の内は15日ですが、しめ縄飾りはどこのお宅も一年間通して玄関のドアの上に飾っています。
地域によって全然違いますね。

 

お正月飾りの正しい処分の方法

f:id:fairysgarden:20211208215919j:plain

松の内が終わって外したお正月飾りは、どんど焼きやお焚き上げと呼ばれる火祭りにて処分をするのが正しい処分法です。

どんど焼きは、神社や地域の有志の人達、市区町村が主体となって行うもので、神社の境内や河原、田んぼで行われます。

行われる日は、多くの場合以下のいずれかの日ですが、地域によっては行わない場所もあります。

  • 1月8日
  • 1月の第二日曜・第二月曜

また、どんど焼きが開催されない、行けない場合は自宅でも処分が可能です。

お正月飾りを自宅で処分する方法  

  1、お正月飾りを半紙等紙の上に置く
   2、お塩を振る(合掌し一年の祈願や来ていただいた感謝の気持ちを述べる)
   3、大きな場合はばらしても良い
   4、他のごみとは分けた袋で捨てるのが良い

 

正しく飾って、正しく下げて。
気持ちのいい一年を過ごせますように!

 

 

 

このページのお正月飾りのお求めはこちらから

fairys-garden.stores.jp

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

教室ブログ(外部リンク)

f:id:fairysgarden:20220113110953p:plain

 プライベートブログ始めました

f:id:fairysgarden:20210604094707p:plain

 

 

ふにゃふにゃ柔らかいリースの補強の仕方

 

ブログにご訪問頂きありがとうございます。
『花のある暮らし』へようこそ。


\自分好みは自分で作れる/
気持ちに寄り添って、お花選びから心を込めて
花を贈ることは、想いを贈ること
思い描いたイメージを形にできる花教室Fairy'sGardenです。

 

ハロウィンにクリスマスとイベント続きの季節。
普段はフラワーアレンジメントに興味のない方も
ご自宅でリースに挑戦されることがあるのではないでしょうか?

 

 

少し前に、インスタライブの投稿から、
Fairy'sGardenでよく使うリースの土台をご紹介しました。

fairysgarden.hateblo.jp

 

その中で登場した、やわらか素材のリース。
ハサミで簡単にカットできるので、使い勝手がよくてリピートをしています。

でも、普通にリースを作ろうとすると、ちょっと柔らかすぎる?

ということで、リースの補強を動画にしました。

 


www.youtube.com

 

#20の太めの裸ワイヤーを2本重ねて、テーピング。
それを、リースの中に通して補強しています。
早送りではありますが、実際の作業もご覧くださいね。

 

 

おうちで手作り時間、楽しんでくださいね!

 

 

 

公式LINEお友だち募集中

・1Dayレッスンなどの情報
・イベント情報
・その他、教室からのお知らせ
等を不定期に配信していきます。

1:1の個別チャットにて、レッスンの御予約やアレンジのオーダー、各種ご質問などして頂くことが可能です。

公式LINEお友だち特典

・500円OFFクーポン

・ライン限定ポイントカード

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

教室ブログ(外部リンク)

f:id:fairysgarden:20220113110953p:plain

 プライベートブログ始めました

f:id:fairysgarden:20210604094707p:plain

 

 

自分で作ったリースの花がすぐに取れちゃう!グルーは万能?

 

ブログにご訪問頂きありがとうございます。
『花のある暮らし』へようこそ。


\自分好みは自分で作れる/
気持ちに寄り添って、お花選びから心を込めて
花を贈ることは、想いを贈ること
思い描いたイメージを形にできる花教室Fairy'sGardenです。

 

Fairy'sGardenに1Dayレッスンでリースを作りにいらっしゃる生徒様、半数くらいの方が似たようなことをおっしゃいます。

 

自分でもリースを作ったのですが、花がすぐに取れて来ちゃうんです。
どうしてなんでしょうね?

今日はこちらのご質問にお答えしていきます。

 

 

 

 

 

グルーガンとは?

 

この質問をされる方は、たいていグルーを使って作業をされているようです。


グルーガンは、熱可塑性樹脂(熱で溶ける樹脂)を溶かして接着剤とする道具です。
当然のことながら、内部は高温になります。
(低温用130℃前後、高温用160℃前後とグルーガンの種類によって異なります)

ワークショップなどで、木工用ボンドをご用意すると必ず1回は聞かれることがあります。

 

グルーガンの方が(ボンドより)強力にくっつくのではないですか?』

 

うんうん、そういうイメージありますよね。

グルーは高温で溶けて、冷えると固まる性質の為、くっつくのが早く、万能のイメージがあります。
でも、苦手とする場所、物があります。

グルーガンでの接着に向かないもの

プラスチックや金属、ガラスなど、つるつるした材質のものは一旦くっついたように見えても、すぐにはがれる恐れがあります。

表面が滑らかな質感の木材なんかもそうですね。

Fairy'sGardenのレッスンでは、コサージュなどの花が取れづらくなる裏技もお伝えしています。

 

グルーガンとボンド、どっちが強力?すぐはがれるのはなぜ?

ボンドは乾燥するのに、仮に1時間とします。
一方、グルーは外気温に影響されるものの、だいたい数十秒で硬化します。

どちらも固まる前は、流動性のある液体に近い状態。

 

ここで問題。
グルーやボンド、どっちが強力?
固まるまでの間に、何が起こっている?

 

答え。

表面がつるつるでない素材をくっつける場合、グルーもボンドもそこに浸みこみながら固まります。つまり、固まるまでに時間が掛かるボンドの方が、たくさん浸み込む分、強力にくっつくという訳。

 

ものすごく悪い例えなのは承知で・・・

黒カビが生えたら、落とすのが大変なのを想像してみてください。イメージできます?

 

表面がつるつるのものは、そもそも浸み込まないので根っこがなくて取れやすいのも当然ですね。

 

 

また、最初に触れたように、グルーガンにも高温用と低温用の2種類があります。
高温用の方がより強力にくっつくとされています。

 

自分に合った資材を見つけよう!



ボンドで作ると、乾燥するのに時間が掛かるので作業の途中で形が崩れたりする恐れがあります。
そういう意味では、速乾性のグルーが有利。
また、水溶性のタイプのボンドは屋外には向きません。
屋外に使うなら、耐水性がいいですね。

 

どこにどういう風に飾るか?

作りやすいのはどっちか?

ご自身が作りたいものに合わせて、最適な資材を選んでくださいね。

 

 

 

 

 

公式LINEお友だち募集中

・1Dayレッスンなどの情報
・イベント情報
・その他、教室からのお知らせ
等を不定期に配信していきます。

1:1の個別チャットにて、レッスンの御予約やアレンジのオーダー、各種ご質問などして頂くことが可能です。

公式LINEお友だち特典

・500円OFFクーポン

・ライン限定ショップカード

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

教室ブログ(外部リンク)

f:id:fairysgarden:20220113110953p:plain

 プライベートブログ始めました

f:id:fairysgarden:20210604094707p:plain