花のある暮らし ~Fairy's Garden~

日々の暮らしに花と癒しを。フラワーアレンジがちょっと面白くなるブログです。週に1~2回、不定期更新します

そのグルーガンの使い方、間違っていませんか?

f:id:fairysgarden:20210208131558p:plain


 

『花のある暮らし』へようこそ。
ブログにご訪問頂きありがとうございます。

 

フラワーアレンジメントに限らず、ハンドメイドが好きな方には当たり前の道具になりつつあるグルーガン
100円ショップでも売られていますね。
 
Fairy's Gardenに来られる生徒様からも
「100均のグルーガンってどうですか?」
グルーガンってどこで買えますか?」
と言ったご質問を頂くことが多いです。
 
そんなグルーガンの皆様の使い方について、とっても気になることがあります。
私の教室でも、他の教室等でのご経験者様が増えてまいりました。
でも、皆さん、間違った使い方で事故が起こりえることはご存じない。
いろんなお稽古教室のブログを拝見していてもあれ?っと思う写真にずっと気になっていました。

今日は、そんなグルーガンの使い方についてのお話です。

 

 

グルーガンとは?

 

グルーガンは、熱可塑性樹脂(熱で溶ける樹脂)を溶かして接着剤として使用する道具です。
当然のことながら、内部は高温になります。(低温用130度前後、高温用200度前後とグルーガンの種類によって異なります)
 

グルーガンの事故ってどんなの?

f:id:fairysgarden:20210208132035j:plain

グルーガンの事故と聞いて、どんなことを想像されますか?
火傷?うっかり触れた周囲のものが溶ける?
いえいえ、違います。
グルーガンって爆発するんです!
正確には、発火、発煙、火花を上げてスパークなどなど、いろんなお話を見聞きします。
幸い、私は一度も出逢ったことがないので残念ながら爆発後のグルーガンのお写真をご紹介することができなくてすみません。
 

事故の原因とは?

どんな時にそんな事故が起こるのか?
問題は、使っていない時の置き方です。

f:id:fairysgarden:20210208133956j:plain

無造作にこんな置き方していませんか?
この置き方、とても危険です!!
上の写真のように横倒しに置くと、溶けたグルーが本体に逆流し、中の発熱器具やコードを溶かして発火、爆発、発煙などの事故を引き起こす場合があります。
 
また、グルーガンの連続使用時間は60分程度が目安です。
 
グルーガン 爆発』 『グルーガン 発火』などで検索すると事故の写真などたくさん情報が出てくるかと思います。
 

正しいグルーガンの置き方

専用スタンドを使う

取扱説明書にも書かれている通り、グルーガンは電源を入れたら、こんな風先端が下になるように立てて置いてください。
 

f:id:fairysgarden:20210208133055j:plain

 

 
 

本体付属のスタンドを使う

専用のスタンドがない場合は、こんな風にグルーガン本体についているスタンドを使っても立てられます。

スタンドを自作される方もいらっしゃるようですね。

  

f:id:fairysgarden:20210208133008j:plain

 

今一度、取扱説明書をしっかり読んでグルーガンの電源を入れている時は絶対に立てておいてください!

どうか、お気を付けくださいね!!
 

楽しいハンドメイドを!

 
ご自宅でも、ハンドメイドをされる方が多いかと思います。
正しい使い方で、楽しく手作りしてくださいね!
 
もちろん、火傷にも十分お気を付けくださいませ。
 
 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング