花のある暮らし ~Fairy's Garden~

日々の暮らしに花と癒しを。フラワーアレンジがちょっと面白くなるブログです。月に1~2回、不定期更新します

お正月飾り、いつ飾る?正しい飾り方と処分の方法

 

『花のある暮らし』へようこそ。
ブログにご訪問頂きありがとうございます。

12月もあっという間に3分の1が過ぎようとしています。
12月と言えば、クリスマスですがもう一つ忘れてはいけないのがお正月の準備です。

しめ縄飾りを始めとしたお正月飾り、飾るのに最適な日があるってご存じですか?
その年の歳神様をお迎えする大切なお飾り、正しく飾りたいですね。
いつ、どうやって飾るのか?正しい方法をご紹介致します。

 

 

お正月飾り、いつ飾る?

f:id:fairysgarden:20211208213622j:plain

しめ縄飾りは、歳神さまをお迎えする目印と共に、厄除け、結界の意味もあるそうです。
「ここから先は清浄な場所なので、ここから入ってきてくださいね」という意味で、玄関のドアや門に飾ります。
通常、「松の内」と呼ばれる12月13日以降のお日柄のいい日に飾り付けをします。
一般的には、クリスマスが終わってから飾るお宅が多いかと思いますが、実はもっと早くから飾っていいんです!

そして、八の漢字は末広がり、28日に飾るのが縁起がいいとされています。

また、12月31日になって飾り始めるのは、「一夜飾り」と呼ばれ宜しくなく、29日も縁起が悪いとされています。

 

気に入ったお正月飾りは、毎年飾っていいの?

f:id:fairysgarden:20211208214831j:plain

教室のお客様や生徒様の中では、干支に関連するピック等は人気がありません。
なんでだろう?と思ってお尋ねすると、
「これ付けちゃうと、来年飾れませんよね?」
なるほどです。

最初に戻りますが、気に入ったお正月飾りを毎年飾っていいの?
答えはNOです。
お正月飾りの使いまわしは避けた方が良いです。

神様は清浄を第一とします。
お札やお守りを一年に一度新しいものにするのと同じ考え方ですね。

使いまわしは歳神様へ失礼に当たると考えられるので、新しいもので気持ちよく神様にきていただき、良い一年をお迎えします。

そんな中、近年の華やかなお正月アレンジやしめ縄飾りを、神様の為のお飾りとしてではなく、お気に入りのインテリアアイテムとして、フラワーアレンジの一つと割り切って毎年飾る方も増えてきているそうです。

いつまで飾る?東西で異なる松の内

f:id:fairysgarden:20211208220257j:plain

お正月飾りを、飾る期間。
松の内」の終わる1月15日まで飾るのが正式です。
しかし関東では1月7日の朝に外すのが一般的になっています。なぜ、松の内の期間に違いがあるか?
本来15日までが松の内でした。
徳川家光の月命日である20日を避けるために関東では松の内を15日から7日に変えて、日本国内に広まったんだそうです。
地域によって違いがありますが、全国的に7日までが松の内という土地が多いそうです。
鏡餅を除く』お正月飾りは明日7日の朝に外しましょう。
関西などの地域は15日まで飾ります。
ちなみに、私の実家のある三重県松阪市松の内は15日ですが、しめ縄飾りはどこのお宅も一年間通して玄関のドアの上に飾っています。
地域によって全然違いますね。

 

お正月飾りの正しい処分の方法

f:id:fairysgarden:20211208215919j:plain

松の内が終わって外したお正月飾りは、どんど焼きやお焚き上げと呼ばれる火祭りにて処分をするのが正しい処分法です。

どんど焼きは、神社や地域の有志の人達、市区町村が主体となって行うもので、神社の境内や河原、田んぼで行われます。

行われる日は、多くの場合以下のいずれかの日ですが、地域によっては行わない場所もあります。

  • 1月8日
  • 1月の第二日曜・第二月曜

また、どんど焼きが開催されない、行けない場合は自宅でも処分が可能です。

お正月飾りを自宅で処分する方法  

  1、お正月飾りを半紙等紙の上に置く
   2、お塩を振る(合掌し一年の祈願や来ていただいた感謝の気持ちを述べる)
   3、大きな場合はばらしても良い
   4、他のごみとは分けた袋で捨てるのが良い

 

正しく飾って、正しく下げて。
気持ちのいい一年を過ごせますように!

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 プライベートブログ始めました

f:id:fairysgarden:20210604094707p:plain

 

 

よいお年をお迎えください

 

『花のある暮らし』へようこそ。
ブログにご訪問頂きありがとうございます。

 

今日は大みそか
2022年も、温かい人たちに囲まれて
無事に過ごすとができました。
どうもありがとうございました。


Fairy'sGardenとしては下半期、
様々な特集に取り上げて頂いたり、
コンテストに入賞したり。
なんとフジテレビのゴールデン番組に
作品の写真を使用してもらうという快挙もあり
驚きの連続の一年でした。

 

 

懐かしい人との再会や、
新しい出会い。
Fairy'sGardenを通じて出会う方は
皆さん本当に温かい人ばかり。
人と人との繋がりに感謝しております。

 

 

1年間、どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。



 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

教室ブログ(外部リンク)

f:id:fairysgarden:20220113110953p:plain

 プライベートブログ始めました

f:id:fairysgarden:20210604094707p:plain

 

 

クリスマスリースを飾る訳、それぞれに意味がある!

 

『花のある暮らし』へようこそ。
ブログにご訪問頂きありがとうございます。

この時期になると、街角やお店の中など、至る所でクリスマスリースやツリーを目にします。
そこで今回は、クリスマスリースについてのお話です。

 

 

 

どうしてクリスマスにはリースを飾るの?

f:id:fairysgarden:20211216133126j:plain

リースは、古代ギリシャでの「名誉と勝利の冠」が起源といわれます。
その後、森羅万象の神である太陽を象徴するものとして「永遠に命をつなげる」「幸運を呼ぶ」などの意味も持つ様になりヨーロッパでは古くから広く親しまれています。

でも、クリスマスに飾るリースは、なんだかちょっと特別な感じがしませんか?

クリスマスリースは、「魔除け」と「豊作祈願」、「幸福祈願」の意味があります。

冬でも枯れない常緑樹は生命の象徴です。家の玄関に、青々とした緑のリースを飾ることで、「禍から家を守る」という魔除けの意味が込められています。

また、リンゴや木の実を用いて豊作祈願をします。
そして、日本ではクリスマスが終わればお正月モードに入りますが、キリスト教圏では年が明けてもクリスマスシーズンが続きます。
1月の初旬の公現日または2月2日の聖燭祭までクリスマスリースを玄関に飾り続けます。
つまり、日本でいうしめ縄飾りと同じ意味があるのです。

 

使われる材料にも意味がある!

f:id:fairysgarden:20211216133120j:plain

クリスマスリースと聞いて思い浮かぶのは、どんなデザインでしょうか?
やはりクリスマスと言えば、赤と緑は外せませんね。

クリスマスリースに使われる材料や色には、実はそれぞれ込められた意味があります。
今年は、私の教室のレッスンでも、そんな王道のクリスマスカラーにちなんだリースをデザインしてみました。
写真のリースと見比べながら、それぞれの意味を読んでみてくださいね。

色の持つ意味

赤・キリストの流した血、神の愛

緑・永遠の命、神の永遠の愛

金・高貴、希望、キリストの生誕を知らせたベツレヘムの星

白・純潔、清らか、罪の穢れがない

素材が持つ意味

常緑樹・生命力の象徴
冬でも枯れることのない常緑樹は、生命力の象徴です。
クリスマスと言えば、モミの木を連想しますが定義されているものはヒノキなども含めた常緑樹。ちなみに、今回私が作ったリースは、ゴールドクレストです。

ベル・魔除け
ベルの音は魔を祓うと言われています。

果実や木の実・豊作祈願
りんごやぶどう、松ぼっくりなどは収穫を祈願する(豊作祈願)という意味があります。

柊の葉・キリストの受難
ギザギザにとがった柊は、キリストの受難を表しています。
柊の先のとがった葉が、キリストが被ったイバラの冠を連想させるためです。

柊の実・キリストの血
柊の実は、キリストの血を象徴しています。太陽の炎を表すという説もあります。

リボン・魔除け
固く結ばれたリボンには、魔除けの意味があります。


f:id:fairysgarden:20211216141404j:plain


クリスマスリースに込められた意味を知ると、ちょっとリースの選び方も変わってきそうですね。

 

皆様、よいクリスマスをお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 プライベートブログ始めました

f:id:fairysgarden:20210604094707p:plain

 

 

ドアリースコンテスト2022受賞作品の寄贈先が決定しました!

 

『花のある暮らし』へようこそ。
ブログにご訪問頂きありがとうございます。

 

今秋、ドアリースプロジェクト主催の「ドアリースコンテスト2022」が開催されました。
今回のコンテストのテーマは店舗様や施設様に寄贈される「応援リース」。

そして、「はなどんやアソシエ賞」に選ばれたFairy's Gardenの作品「繋がる、重なる」の寄贈先が決定致しました!

 

fairysgarden.hateblo.jp

 

 



 
Fairy's Gardenと同じ八王子市内の児童発達支援・放課後等デイサービス
「チャレンジぴぴ」にもらって頂くことになりました。

HPよりお写真お借りしました

 

チャレンジぴぴスタッフの皆さま、この度はご応募頂き、誠にありがとうございました。
こちらは、チャレンジぴぴ様から頂いたコメントです。

 

ゆっくり元気に成長していく子どもたちが通う、児童発達支援・放課後等デイサービス支援事業所です。 素敵なリースを見ることでわくわくしたり、きれいなお花に興味を持ってくれると良いなと思います。

 

 

人と人との繋がり、人を大切に思う気持ち。
そんな優しい気持ちが溢れる施設様に飾って頂くことになり心から嬉しく思っております。
とてもFairy's Gardenらしい寄贈先様だと思いませんか?

 

 

お花には、生花でなく写真や造花でも見ているだけで癒し効果があります。
子供達やスタッフの皆様にかわいいね、きれいだねと仰って頂けたら嬉しいです。
この度はありがとうございました。

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ



 

教室ブログ(外部リンク)

f:id:fairysgarden:20220113110953p:plain

 プライベートブログ始めました

f:id:fairysgarden:20210604094707p:plain